PanaHome CLUB(パナホーム クラブ) > 冬場の給湯機器 凍結・積雪対策

冬場の給湯機器 凍結・積雪対策

近年、積雪地域だけでなく、広い地域で大雪が観測されています。
安全・快適に過ごすには、充分な準備と心構えが必要です。
また、凍結や積雪被害で万一被害が発生した際の対処方法をご紹介いたします。

給湯機器の凍結 対処法

給湯機器の凍結 対処法

給湯器の凍結の可能性があります。基本は、気温が上がるのを待つことがお勧めです。どうしても早く復旧させたい場合には、
屋外の露出水道管(給湯管)にタオルなどを 巻いて人肌程度(30〜40°C)のお湯を掛けると早期に復旧する場合があります。
他にも使い捨てカイロをタオルの上に巻く方法があります。(露出水道管は、給湯器の下のカバーの中にある場合があります)

給湯機器の凍結 対処法

運転スイッチ「切」にする
※「入」にしていると燃焼する場合があります。
※気温の上昇により自然に解凍するまで待つことをおすすめします。

給湯機器の凍結 対処法

  • 運転スイッチ「切」にする
    給湯機器の凍結 対処法
  • 台所などの給湯栓を少し開けておく
    給湯機器の凍結 対処法
  • ガス栓を閉める
    給湯機器の凍結 対処法
  • 給水元栓を回してみる
    (閉めてみる)
    給湯機器の凍結 対処法

給湯機器の凍結 対処法

給水元栓を必ず閉め、気温の上昇により自然に解凍する のを待つか、
販売店または、当社窓口にご連絡ください。

給湯機器の凍結 対処法

給湯機器の凍結 対処法

タオルを給水元栓のまわりに巻く。

人肌程度(30〜40°C)のぬるま湯を給水元栓に巻いたタオルに
ゆっくりかける。

給水元栓が回る(水が流れる音がする)ようになったら、1.で開けておいた
家の中の給湯栓を閉める。

タオルを外し、給水元栓のまわりについた水を乾いた布でふき取る。

【注意事項】
※熱湯をかけると配管が破裂するおそれがあります。

※機器の電源コード・プラグ、コンセントにお湯がかからないように注意してください。

※ガス栓とまちがえないように注意してください。

※保温材や配管に水がついて残ると、その水が原因で後に再び凍結する恐れがあります。

 

給湯機器の凍結 対処法

気温が上がるまで待って復旧しない場合はご連絡をください。

給湯機器の凍結 対処法

トッププレート

エコキュートの場合は、
ヒートポンプユニットの前に雪が積もっていませんか。
その場合は、前の雪のみ取り除き気温が上がるのをお待ちください。
中の雪まで取り除いたり、お湯を掛ける事は、センサーなどを傷める
可能性がありますのでお止めください。

 

※注1. 水栓(蛇口)を無理に開こうとすると中のパッキンが破損する恐れがあります。
※注2. 熱湯を凍結した配管や水栓に掛けると配管が破損する恐れがあります。
※注3. 水道メーターより道路側で漏水している場合は、市町村の水道局に依頼する必要があります。(道路側で止水する必要があるからです。)