PanaHome CLUB(パナホーム クラブ) > GARDEN WORKS

GARDEN WORKS /GARDEN WORKS POINT気温が下がってきたら、春のガーデンに向けて秋植え球根を植えましょう!/MAKE GREEN/チューリップの球根の植え方を紹介します。

9月号にてご紹介した、草花の植替や株分けは、10月上旬には作業を済ませましょう。あまり遅くなると植替後、根が張る前に寒さにあたることになり、株が弱る可能性があります。植替後は根が弱りやすいので寒さにあてないよう、土の表面部分にバークチップや不織布などを被せ、防寒対策をしておきましょう。

冬への準備として、花壇を整理しておきましょう。この時期になると、雑草の発生もおさまってきますので本格的に寒くなる前に除草をし、芝を刈り込み、庭を綺麗にしておきましょう。

花壇をすっきりとさせたら、次の花を植え込む前に一度きちんと土の改良を。腐葉土や完熟堆肥を入れて、丁寧に耕し、土の養分を回復させましょう。

本格的な寒さが到来する前に、寒さに弱いものを保護する準備を始めます。

気温が下がってくるこの時期に、秋植え球根を植える。

10月下旬、最低気温が15度以下になってきたら、球根の植付けが出来るようになります。
春の庭を彩る多くの花は秋植え球根。来年の春〜初夏の庭を思い描いて植えてみましょう。

秋に球根を植えて、冬の間じっと芽吹きを待てば、暖かくなった頃に庭を美しく彩ってくれる花たち。
小さな芽が土から顔を出すのを楽しみに、花壇やコンテナなどに植えてみませんか。

球根は、大きくつやがあり、ふっくらしたものを選びましょう。

球根植物は、球根の状態の良し悪しが春の芽や花に大きく影響します。

植物の種類によって形は異なりますが、買うときに選ぶことが出来る店ではなるべく 大きく ふっくら として『つや』のある重たいものを選びましょう。

茶色の薄皮が破れているのは気にしなくて大丈夫ですが、カビや目立つ傷があるものや 病気を疑うような不自然な斑のあるものは避けましょう。

コンテナでは浅植えに。花壇ではそれぞれ適した深さに。

球根には、それぞれ植えるのに適した土の深さがあります。
基本的には、小さいものは浅め、大きなものは深く・・とはなりますが、花壇に植える際は、
パッケージに書かれた注意書きや書籍などで適切な深さを確認して植えましょう。

HOW TO 一般的な花壇における、球根を植える深さ

【お得な情報 お施主様限定】寒くなる前にお庭をキレイにして、心地よい冬を迎えましょう

雑草の発生がおさまるこの時期に便利な除草グッズをご紹介。

雑草抜きごそっととれ太 ビッグ アルミ伸縮柄タイプ

雑草抜きごそっととれ太 ビッグ アルミ伸縮柄タイプ

立ったままの楽な姿勢で軽く引くだけで、雑草をスイスイ抜き取ります。
特殊鋼を採用しているので、軽く引くだけで根こそぎ抜き取ります。ノコ目の下刃は雑草を抜いたり土掘り用に、上刃は土ならしなど持ち替えれば用途に合わせて使えます。

お施主様価格 ¥8,000(税込)詳細はこちら

食品添加物100%除草剤 ウィードブライト 4kg

食品添加物100%除草剤 ウィードブライト 4kg

人やペットに優しい、化学系薬剤不使用の除草剤。
化学系薬剤を使わず食品添加物100%の成分で人やペットにも安心です。地面にまくだけで弱酸性の土壌にし、根元部分に働きかけ、効果が持続します。

お施主様価格 ¥7,600(税込)詳細はこちら

本格的に寒くなる前に、お庭まわりの掃除を済ませておきましょう。

伸縮自在 しっかり掃ける外ホーキ

伸縮自在 しっかり掃ける外ホーキ

小石や砂ぼこりもキレイさっぱり。
コシのある穂にウェーブ加工と先割れ加工で、細かな砂や石なども簡単に掃き出せます。柄が伸縮するので使いやすい長さに調節してお掃除ができ、収納にも便利です。

お施主様価格 ¥2,390(税込)詳細はこちら

アズマジック コケ取り剤 2本セット

アズマジック コケ取り剤 2本セット

プロ仕様のコケ取り剤。
コケ取りをサポートする酵素を配合、飛び散りが少ない泡状スプレータイプです。土壌汚染を引き起こす成分を含んでいないので安心して使えます。

お施主様価格 ¥2,100(税込)詳細はこちら

お買い物サイトではお施主様価格にてガーデニング関連のアイテムを提供しています。
送料、代引き手数料無料、お買い物ポイントも進呈しておりますのでお気軽にご利用ください。

球根だけを鉢に植える場合は根を広げやすいように基本的には浅植えに。
(※ユリを植える場合は深く植える必要があるので、深い鉢に植える)
ここでは、チューリップの球根を植える場合のご紹介をします。

HOW TO 図解イラスト

コンテナ植えを、キレイに楽しむコツ

チューリップなど、いろんな咲き方や色合いの花があって、どれも楽しみたいと思ってしまいますが、ひとつの鉢に何種類も植えるより、同じ種類(色・咲き方)の花を10種程度まとめて植える方が、美しくボリュームのある姿となります。

球根だけだと春まで寂しいし、水やりも忘れてしまう・・という方には、他の植物との寄せ植えがお勧め。パンジーやビオラと併せて植えておけば、冬の間はそれらのお花を楽しむことが出来ます。

一年を通して、季節の移り変わりと共に、表情を変える庭。
今の季節に、庭を飾ってくれるお花をご紹介します。ぜひ、ガーデニングの参考にしてくださいね。

バラキンモクセイソバキクコスモスペンタス

マンスリーナンバー

  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
  • 1月
  • 2月
  • 3月