トイレ 便器に付く尿石汚れのメカニズムと予防方法 | 住まいのコンシェルジュ(お手入れ) | Panasonic Homes CLUB(パナソニック ホームズ クラブ) | パナソニック ホームズ

Panasonic Homes CLUB(パナソニック ホームズ クラブ) > 住まいのコンシェルジュ(お手入れ) > トイレ 便器に付く尿石汚れのメカニズムと予防方法

便器に付く尿石汚れのメカニズムと予防方法
便器・水タンク
ひとセンサー一体型あかりファン
停電時または
断水時の洗浄

※各部の構造、お手入れは、メーカー、タイプによって異なります。

トイレ 便器・水タンク

トイレ

尿石は、リン酸カルシウムと、たんぱく質等でできた複合汚れで、特に男性が小用をするときに、はね返って飛び散る尿が原因です。
便器のふち裏など尿が飛び散る場所につき、個着するとなかなか落としきれません。
また、尿石ができる過程でアンモニアが発生するので悪臭の発生源にもなります。

トイレ

尿石のつきやすさは、男性の小用スタイルと関係があります。
一般的に、立つスタイルでは、尿を狙う位置によって、便器の奥へとびやすくなったり、手前へ飛びやすくなったりします。

トイレ

立って小水をする場合、小水が跳ね、便器外へ飛び出すことがあります。便器内にたまった水などに小水が当たり発生するものです。
座って小水することで小水の跳ね返りを軽減することができます。

トイレ

立位で小水をする際に、便器内のあたる場所によっては小水が跳ね返る場合があります。
特に、木質系のフローリング床でそのまま放置されると、小水中のアンモニアによって黒いシミが発生することがあります。